赤井英和、地元ロケで「心から訴えることができた」 主演映画に自信たっぷり

[ 2021年6月24日 05:30 ]

映画「ねばぎば新世界」の完成披露上映会に出席した(左から)徳竹未夏、赤井英和、上西雄大、古川藍
Photo By スポニチ

 俳優の赤井英和(61)が23日、都内で主演映画「ねばぎば新世界」(7月10日公開)の完成披露上映会に出席した。

 赤井は15年ぶりの映画主演。生まれ育った大阪・西成でロケが行われた人情ドラマで「脚本のセリフもすっと入ってきました。心から訴えることができたと思う」と自信たっぷり。

 ダブル主演で監督・脚本も手掛けた上西雄大(56)は「赤井さんの人間的魅力を真ん中に置いて、昭和のにおいのする痛快な作品を目指した」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年6月24日のニュース