芳根京子 芸能界で見つけた唯一無二の親友「一緒にいてお互いが楽」「ゲームを一緒に5時間」

[ 2021年6月24日 11:03 ]

芳根京子
Photo By スポニチ

 女優の芳根京子(24)が23日放送のフジテレビ「TOKIOカケル」(水曜後11・00)にゲスト出演。芸能界で見つけた唯一無二の大親友について明かした。

 芸能界で最も親しい人を聞かれ、「ももいろクローバーZ」玉井詩織(26)と即答した芳根。玉井とは、2015年2月に公開された映画「幕が上がる」で共演。同年5月には映画版の主要キャストで舞台化もされた。

 芳根は「17、8歳ぐらいで出会ってからずっと一緒にいますね。初めは映画だったんですけど、映画の時はそんなに仲良くはならなかったんですけど、その後舞台をやって、舞台って近いじゃないですか、そこから仲良しになって」と出会いについて説明。「すごい行動が似てるんですよね。思考回路とか行動が似てるので、一緒にいてお互いが楽」とその関係性を明かすと、「オアシズ」の大久保佳代子(50)から「1個も嫌なところない?」と質問。それにも、芳根は「1個もないです」と即答し、驚かせた。

 そんな玉井とは「この前もオンラインゲームを一緒に5時間とかやったりして。テレビ電話つないでやってましたね」と笑顔を浮かべた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月24日のニュース