石田純一 飲食店の酒類提供条件に「何を根拠にしているのか?説明は必要」

[ 2021年6月24日 17:36 ]

俳優の石田純一
Photo By スポニチ

 俳優の石田純一(67)が24日、隔週で木曜コメンテーターを務める文化放送「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!」(月~金曜後3・30)で、飲食店の酒類提供条件についてコメントした。

 緊急事態宣言解除の21日以降、7都道府県で「まん延防止等重点措置」に切り替わった。都府県ごとに異なる条件付きで、飲食店の酒類提供が可能となり、東京都では夜7時までの許可だが、1グループ2人以下、滞在90分以内としている。

 これに石田は「いや苦しいところですよね。1グループ2人以下といっても、じゃあ3人はダメとかって1人は帰すんですか?(せめて)別のテーブルとかね、なんかうまくやれる方法はないのか。非常に難しい問題」と指摘。「例えばコロナ対策として、夜7時までが絶対的に効果があって、夜8時まではダメだとかそういうものではないと思うし」とし、「ここまできたらもうちょっと説得というか。(各条件は)一体それは何を根拠にしているのか?ということや、あるいは専門家の意見なども、国民の皆さんにそういう説明とかは必要だと思うんですけどね」と言及。

 続けて、「いきなりこうしなさい!というだけだと、やっぱり。意外ともうすでに緩んじゃっているというか、『もういいよ』みたいにしているところ(飲食店)がかえって多くなっちゃってますよね」と私見を述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月24日のニュース