ケンコバ 「グーで人を殴りたい」からやっていること 共演者仰天「どういうことですか?」

[ 2021年6月24日 11:31 ]

ケンドーコバヤシ
Photo By スポニチ

 お笑い芸人のケンドーコバヤシ(48)が23日放送のMBSラジオ「アッパレやってまーす!」(月~木曜後10・00)に出演。人を殴りたいがゆえにやっていることを明かし、共演者を驚かせた。

 「グーで人を殴りたい」と常々思っているというケンコバ。「だから家の鍵かけないのよ」と明かし、共演の大家志津香らは「どういうことですか?」と仰天した。「今、人が人を殴るのを許されるのは、自宅に侵入された時くらい。先殴りかかっていいのも、すでに相手が不法侵入だからね。だからドアはあけっぱなし」と明かした。

 さらに「玄関から見えないところに武器置きまくり。向こうからは見えない位置に。準備万端です」と語ってスタジオの爆笑を誘った。

 侵入された場合のシュミレーションもバッチリ。「迎え撃つしかない。(映画の)ホームアローンや。原始的やけど、これ一番効くってやつ仕掛けてる」と自宅にワナまで仕掛けているという。「俺1人の時、玄関上がる1歩目に靴磨き用のツルツルの布置いとくのよ。あれでコケないやつおらへんと思う。スリップしたところを低空ドロップキックやな」と不敵な笑みを浮かべた。

 しかし、いまだに侵入者はおらず「ほんまに入ってけえへんねん。よく考えたらオートロックやから」と残念がった。「次、物件探すなら(侵入されやすいように)平屋の木造アパート探すわ」と語って、笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年6月24日のニュース