八代亜紀 離婚していた 数年前から協議、前夫は個人事務所社長も退く

[ 2021年6月12日 05:30 ]

八代亜紀
Photo By 共同

 演歌歌手の八代亜紀(70)が今年1月に、個人事務所の社長を務めていた夫(66)と離婚していたことが11日、分かった。関係者によると、数年前から互いの人生のこれからを話し合うようになり、協議を重ねた結果、離婚を決めたという。前夫はすでに個人事務所社長を退いている。

 八代は、同じ事務所に所属する歌手だった前夫と1978年に知り合った。前夫は歌手を辞め八代のマネジャーに転身。交際を経て94年に結婚し、27年にわたり公私ともに二人三脚で歩んできたが、別離を選択した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月12日のニュース