カズレーザー 同居芸人たちに課す珍ルール「結構みんないい体になるんですよ」

[ 2021年6月12日 16:31 ]

「メイプル超合金」のカズレーザー
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「メイプル超合金」のカズレーザー(36)が11日、ABEMA「川柳居酒屋なつみ」(金曜後9・00)にゲスト出演し、同居する芸人仲間に課している珍ルールについて語った。

 現在は「トレンディエンジェル」たかし(35)ら、芸人5人と賃貸マンションで共同生活を営んでいる。「部屋がある程度、あるから」と、来る者拒まずのスタイルでの生活。フリーアナウンサー宇賀なつみ(34)から「1人1部屋はあるんですか?」と問われると、「僕、後輩と同じ部屋に住んでます。1人だと夜怖いじゃないですか?」と笑わせた。プライバシーについても「いらないです。プライバシーはなくてもいいかな。あります?隠しごと」と不思議がった。

 生活費は「僕と先輩芸人が半分くらいずつ(家賃を)出して、電気代とかもろもろ雑費とかを後輩が割る、みたいな」という割り振り。出前などはカズレーザーやたかしが払うそうで、自身が払う時にはあるルールを設けているという。

 たかしから番組に、「カズが頼んだ時は、筋トレをしないとご飯を食べられません。なので自粛期間で同居人がちょっとマッチョになっていました」というエピソードが寄せられた。するとカズレーザーは「いい話ですねえ」と自画自賛し、理由を説明した。「ジムに行けなくなっちゃったんですよ。自粛期間で。で、家にそういう道具をちょっとそろえたんですよ。そしたら、1人でやるより、みんなでやった方が楽しいんですよね」。ごちそうすることを条件に、同居人に筋トレをさせた結果、食事と健康という一石二鳥の結果に。カズレーザーが「結構みんないい体になるんですよ」と効果を明かすと、宇賀も「それ、いいですね」とうなずいていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年6月12日のニュース