アインシュタイン河井 米国進出計画!?をナイナイ岡村に切り捨てられる!「稲ちゃんの方が…」

[ 2021年6月12日 19:41 ]

アインシュタインの河井ゆずる
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「アインシュタイン」の河井ゆずる(40)が12日放送の関西テレビ「おかべろ」(土曜後2・28)に出演。昨春に東京進出後の“調子乗りっぷり”を暴露された。

 お笑いコンビの「見取り図」からは、「家に行くと、グレープフルーツサワーを果実から搾ってつくってくれる」や「ナッツが12種類も常備されている」といった衝撃エピソードが明かされた。さらには「生ハムを作るために豚を育てていた」というウソまでつかれて、河井は「座ってるのに立ちくらみがしてきた」と涙目だ。

 しかし、まだまだ“攻撃”は終わらない。相方の稲田直樹(36)には、洋画の試写会の際の“奇行”を紹介されてしまう。

 「監督さんから『作品を見ていただいて、いかがでしたか?』と聞かれて、これはさすがに通訳さんを介するかと思っていたら『Very good!』って!」

 河井は即座に「やってない!」と否定したが、後の祭り。「ナインティナイン」の岡村隆史(50)には「ハリウッドまでしみ出ていこうという…。河井は無理やて。稲ちゃんの方がハリウッドサイズ。タランティーノとか、絶対好きやから!」と切り捨てられて、ガックリと肩を落としていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月12日のニュース