枡田絵理奈アナが「離乳食・幼児食コーディネーター」試験に合格!「堂林絵理奈」での認定証を手に笑顔

[ 2020年7月24日 17:01 ]

フリーアナウンサーの枡田絵理奈
Photo By スポニチ

 広島・堂林翔太内野手(28)の妻で、元TBSの枡田絵理奈アナウンサー(34)が24日、自身のブログとインスタグラムを更新。「離乳食・幼児食コーディネーター」の資格認定試験に合格したことを発表した。

 堂林と2014年12月に結婚し、15年9月に長男、17年9月に長女、19年9月に次女を出産して現在広島で3人の子育てをしている枡田アナ。6月23日のブログで「こどもたちが早く寝てくれたので、とある資格試験の勉強を。今夜はかなりはかどって、なんと最後まで終えることができました」とつづっていたが、「その勉強は、『離乳食・幼児食コーディネーター』の資格の勉強でした」と改めて報告。本名である「堂林絵理奈」でもらった認定証を手にした笑顔の写真をアップした。

 「子供達が寝静まった後、自分時間にコツコツ勉強していたのですが、無事、資格試験に合格しました。最近は、食に関するお仕事も増えてきたので、もう少し食に関して専門的に勉強してみたいと思い、通信講座で勉強しました」というマスパン。「小さな頃から、勉強と試験が好きで好きで…笑」とちゃめっ気たっぷりで「楽しかったし、達成感!!」「離乳食も幼児食も、今まで3人の子供を育てる中で、実戦ではずっとやってきたことだったのですが、知らなかったこともあり、勉強になりました」と楽しそうな報告となった。

 なお、夫の堂林はプロ11年目の今季、6年ぶりに開幕スタメンを勝ち取ると、現在両リーグ唯一の4割超えとなる打率・421、5本塁打、16打点と大活躍を見せている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月24日のニュース