7・25テレ東「隅田川花火大会 特別編」生放送中に巨大花火3発!東京近郊3カ所から

[ 2020年7月24日 15:00 ]

2016年の隅田川花火大会(C)テレビ東京
Photo By 提供写真

 今月11日に予定されていたものの、新型コロナウイルスの影響により中止になった東京の夏の風物詩「隅田川花火大会」に代わり、25日に生放送されるテレビ東京「隅田川花火大会 特別編【がんばろう日本 2020年も東京の夜空に花火を!】」(後6・30~8・54)中に、東京近郊3カ所(場所は非公開)から特大花火が打ち上げられることが24日、分かった。視聴者からの「今年も花火を見たい!」という数多く要望に応えたもの。

 小平英希プロデューサーは「特別編と題して今年も『隅田川花火大会』を生放送でやります。一番の見どころは東京近郊3カ所から打ち上げる、この日限りの特別な花火です。大きすぎて隅田川では上げられない『8号玉』や『10号玉』と呼ばれる巨大な花火を隅田川花火大会ゆかりの花火師さんたちが準備してくれました」と説明。「番組のテーマは『がんばろう日本』。打ち上げる花火で皆さんを元気づけられたらと願っています」と企画意図を語った。

 「隅田川花火大会」は江戸・享保年間の「両国の川開き」を起源とし、テレ東が42年間にわたって中継。今年、大会は中止となったが、生放送は継続。隅田川の河岸はもちろん、川面に浮かぶ屋形船、上空数百メートルを飛ぶヘリコプター、東京スカイツリーや高層ビル屋上、下町の街角の穴場など、多彩な中継カメラが捉えた過去の大会の美しい花火映像を厳選した。

 毎年、花火師たちが腕を競い合う大会の名物「花火コンクール」の歴代優勝花火の中から、視聴者投票によりナンバーワンを決める「グランドチャンピオン大会」も実施。強風&大雨の中、続行された「伝説の2013年大会」の舞台裏を明かす初出し映像もある。

 小平プロデューサーは「もちろん、これまで中継した隅田川花火大会から厳選した花火の映像や、生放送ならではのハプニング映像など、隅田川花火大会の魅力を余すことなく盛り込みつつ、例年ご好評いただいている職人魂の込められた花火コンクールの中から、視聴者投票によって最も美しい花火を決める企画など、今年もテレビで花火を楽しんでもらえることと思います。お楽しみに!」とアピールしている。

【MC】高橋英樹、角谷暁子(テレビ東京アナウンサー)
【ゲスト】東貴博、高橋真麻、足立梨花
【中継レポーター】尾形貴弘(パンサー)鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)チョコレートプラネット、中岡創一(ロッチ)、山下健二郎(三代目J SOUL BROTHERS)※50音順

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月24日のニュース