人気バンドの3人が初コラボ&インタビュー“日常をより上質に”テーマに企画

[ 2020年7月24日 15:39 ]

初コラボした(左から)「go!go!vanillas」柳沢進太郎、「SILENT SIREN」すぅ、「THE ORAL CIGARETTES」山中拓也
Photo By 提供写真

 人気バンド「go!go!vanillas」柳沢進太郎、「SILENT SIREN」すぅ、「THE ORAL CIGARETTES」山中拓也の3人が初コラボしたスペシャルギターセッションとインタビュー動画が人気を集めている。

 これはフィットネスブランドのリーボックがクラシックシューズ「CLUB C(クラブ シー)」の発売35周年を記念したもので“Exclusively,for Everyone,Everywhere(どんな時でも、どんなスタイリングでも、僕の日常をより上質に)”をテーマに企画され、21日から公開している。

 インタビューでは「CLUB C」のAuthenticity(ホンモノを愛するこだわり)、Craftsmanship(職人技)、Versatility(さまざまな要素が絡まり融合する)の魅力を3人が語った。Authenticityについては柳沢が「どんどん次の新しいものへということをバンドメンバー全員がとても思っています。変化するということに関しては、常に柔軟でいたい」、Craftsmanshipについては、すぅが「『フジヤマディスコ』という曲を出しましたが、この曲には“ガールズバンドのテッペンを取りたい”という思いが込められています。日本一のガールズバンドになるという目標を掲げて日々頑張っています」、Versatilityについては山中が「これまで全部自分で曲を作らないと気が済まない性格でしたが、最近は他の方に曲を作っていただくことも増えてきたんです。自分の想像していないものが出てきたりするので、いろんな人と曲を作る楽しみ、面白さに最近気づくことができました」と話している。

 3人は初セッションで名曲「アメイジング・グレイス」を披露している。また、「CLUB C」は21日に新色モデルを発売した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月24日のニュース