伊藤健太郎 陰性も2週間の自宅待機要請 浜辺美波ら共演者も陰性 横浜流星のコロナ感染で

[ 2020年7月24日 05:30 ]

女優の浜辺美波
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスに感染した俳優横浜流星(23)と20日に舞台「巌流島」の稽古を行っていた俳優伊藤健太郎(23)が23日、PCR検査の結果が陰性だったことをツイッターで報告した。ただ横浜の濃厚接触者と認定され、2週間の自宅待機要請を受けた。8月4日まで仕事を休む。

 共演する前田公輝(29)、押田岳(23)も陰性。主催者側は「伊藤さん以外の濃厚接触者は現時点で確認されていない」とした。

 また、横浜と日本テレビドラマ「私たちはどうかしている」(8月12日スタート)にダブル主演する浜辺美波(19)もPCR検査で陰性だった。共演の観月ありさ(43)、佐野史郎(65)、山崎育三郎(34)も陰性で、同局は「現時点では出演者、スタッフに濃厚接触者はおりません」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月24日のニュース