アンミカ ゴタゴタ「Go To」“見切り発車”に「丁寧な説明、配慮が徹底的に欠けている」

[ 2020年7月24日 08:58 ]

モデルのアンミカ
Photo By スポニチ

 モデルのアンミカ(48)が24日、TBSの情報番組「グッとラック!」(月~金前8・00)に出演。政府の観光支援事業「Go To トラベル」が22日に東京を除く46道府県で始まったことについてコメントした。

 国土交通省は21日に、今月10~17日に予約された東京への旅行、都民の旅行はキャンセル料を取らず、徴収済みの料金は返還するよう旅行業者に要請。航空券手配や食事など準備費用の損害分やキャンセル料を徴収しなかった業者も補償する。ただ、補償の詳細は決まっておらず、野党は「混乱の極み」などと猛烈批判。事業者からも不満の声は続出し、混乱が収まらないままの見切り発車となった。

 アンミカは「急な方針転換が今回、Go Toでいろいろありましたよね。急な方針転換の時ほど、すごく丁寧な説明と影響を受ける方々への配慮とか想像力ってすごく大切やと思うんですけど、そこが今回徹底的に欠けていたってところっで言うと、出てくる人が出てくるっていうのが大事だったと思うんですが、ちょっと最近は安倍さんはなにか出てこられないですね」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月24日のニュース