V系バンド「the Raid.」結成9周年記念ライブ 感染防止策徹底で22曲熱唱

[ 2020年7月24日 13:40 ]

結成9周年記念ライブを行ったビジュアル系バンド「the Raid.」
Photo By 提供写真

 ビジュアル系バンド「the Raid.(レイド)」が23日、地元大阪のなんばHatchで結成9周年記念ライブ「最後の最後」を開催した。当日は大阪府からの指導の元、ソーシャルディスタンスでの人数制限など、コロナウイルスの感染拡大防止策を徹底。収容人数の1931人に対し、大阪府のガイドラインに沿って362人にとどめる形で公演は行われた。

 ニューシングル「神様もう少しだけ」をボーカルの星七がしっとりと歌い上げてスタート。普段のライブとは一転、声を発することなく、拍手でファンは静かに声援を送った。公演の途中では換気も行われた。

 全22曲を熱唱。アンコールでは、メンバーがあいさつ。星七は「これからもレイドは変わりません。僕たちは僕たちらしく進んでいきます。みんなとできるだけ長く思い出をつくっていきたい。ここまでみんなのおかげで来れました」と感謝を述べた。ドラムの一陽は「10周年にむけてこれからも突っ走っていきます。絶対に後悔させません」と意気込みを語り、会場からの大きな拍手に包まれた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月24日のニュース