“元・愛内里菜”垣内りか 逮捕の妹の代表取締役解任を報告「この事態を厳粛に受け止め」

[ 2020年7月24日 16:12 ]

元歌手で愛内里菜から改名した垣内りか
Photo By スポニチ

 愛内里菜から改名した歌手でタレントの垣内りか(39)が23日、自身のツイッターを更新。自身がプロデューサーを務めるペット用品ブランド「BonBonCopine(ボンボンコピーヌ)」の社長を務めていた実妹の代表取締役解任の処分を報告した。

 垣内の実妹は高級ブランド「CHANEL」に類似したロゴをペット用品に縫い付けるなどし、SNSを通じて販売していたとして、大阪府警福島署に15日、商標法違反(商標権侵害)の疑いで現行犯逮捕された。

 垣内は直筆のメッセージを投稿。「応援してくださるファンのみなさま、ならびにお世話になっております関係者のみなさま 多大なるご迷惑とご心配をおかけしておりますことをまずは深くおわび申し上げます」とまずは謝罪した。

 続けて「先日、私のTwitterにボンボンコピーヌが商標法違反を犯した旨の記載をいたしましたが、後日、妹に事実確認をしたところ、今回の件に関し、妹はボンボンコピーヌとは別のアカウントで私的にSNSを使用して動いており、ボンボンコピーヌは関与していなかったことが判明しました」と経緯を説明。「ボンボンコピーヌとしては、この事態を厳粛に受け止め 妹については代表取締役を解任させて頂きます」と処分を明かした。

 「また、ボンボンコピーヌの今後については、私自身 何ができるのかを考え、改めてご報告させて頂きます」と記した。

 垣内は2000年、シングル「Close To Your Heart」でデビュー。4枚目のシングル「恋はスリル、ショック、サスペンス」でブレークした。03年にはNHK紅白歌合戦に初出場。10年に歌手活動引退を発表したが、現在は歌手活動も再開している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月24日のニュース