10代中心に爆発的人気「Myra」 YouTubeでメディア初披露、Tani Yuukiが歌う

[ 2020年7月24日 17:00 ]

「Myra」を一発撮りで披露するTani Yuuki
Photo By 提供写真

 10代を中心に爆発的な人気となっている曲「Myra(マイラ)」がメディアで初披露される。ミュージシャンが一発撮りでパフォーマンスするYouTubeチャンネル「THE HOME TAKE」にインディーズのシンガー・ソングライター、Tani Yuuki(21)が24日午後10時に初登場。「Myra」をピアノアレンジした特別バージョンを一発撮りで歌う。

 Taniは3月21日に「Myra」の1番だけを動画共有サービスのTikTokとYouTubeに投稿。その後、同曲をBGMに使った関連動画の投稿数が5万件を超えるなど話題となり、フルバージョンを5月16日にYouTubeで公開。この日までに再生回数は1000万回に迫っており、インディーズの曲としては異例の人気を誇っている。

 今月1日にサブスクリプションで解禁されると、大手サービスのLINEミュージックで同8日付の週間ランキングで1位に輝いた。

 ♪愛しているよMyra 腕の中でMy love 夢の中へdiver…と、韻の踏み方が聴いていて心地良い失恋ソング。Taniが作詞作曲し、ハイトーンで切なく歌い上げている。「マイラ」は人名で使われることがあるが、Taniは聴き手の想像に任せようと、タイトル命名の意図は明らかにしていない。この日がメディア初登場となるが「世界は今すごく大変な状況だと思いますが、こんな形で歌や元気を届けられるのはすごくうれしく思います」と意気込んでいる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月24日のニュース