里崎智也氏 プロ野球の監督賞「僕はボビー・バレンタインの時が1番良かった」

[ 2020年7月24日 12:08 ]

里崎智也氏
Photo By スポニチ

 元ロッテで野球評論家の里崎智也氏(44)が23日深夜放送のテレビ東京「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(木曜深夜0・12)に出演。プロ野球の監督賞について語った。

 監督賞について、里崎氏は自らが16年間在籍したロッテでは「ボビー・バレンタインの時が1番良かった」と言い、「ポケットマネーの監督賞もいろいろあった」と告白。

 具体的には「僕の時で言うと、ボールが先行した時、変化球を見逃しすぎの時があった。だから2ボールとか、ボールが先行した時に変化球を本塁打したら監督賞が出た。で、僕は2ボールからスライダーを本塁打してもらいましたもん。金額は5万円とかだった」と明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月24日のニュース