笠井信輔アナ ラジオで仕事復帰「こんなに早いタイミングで 本当に幸せ」

[ 2020年5月15日 11:22 ]

笠井信輔アナウンサー
Photo By スポニチ

 悪性リンパ腫の治療のため休養していたフリーの笠井信輔アナウンサー(57)が、15日に文化放送のラジオ番組「くにまるジャパン 極」(月~金曜前9・00)に自宅からリモート出演し、仕事復帰した。

 笠井アナは「おかえりなさい!」との呼びかけに「ありがとうございます。こんなに早いタイミングで声かけていただいて、本当に幸せでございます」と元気にあいさつ。「もう少しゆっくりしていたほうがという声もあるが」との指摘にも「私のほうにもそんな無視して仕事する必要ない!っていろいろなご心配、ご意見をいただいたんですが、もうリモートっていう電話での出演ということなので、引きこもっている自分お部屋からそのままお話できていますので、全然問題ございます。何ならこのまま、砂山(圭太郎)さんに変わって進行もできます」と回復をアピール。「フリーになってすぐに出させてもらったので、ここで復帰後最初の仕事っていうのも感慨無量です」を噛み締めた。

 同じくリモート出演したフリーの野村邦丸アナウンサー(63)からは「裏の赤坂の放送局にメールを送ったって…」と他局のラジオにメール投稿したことをチクリ。それでも、笠井アナは「患者っていうのはいろんな番組を聞くんですよ」と弁明し、笑わせた。

 笠井アナは13日に自身のインスタグラムで「退院後2カ月間は自宅療養」と言われていたといい、「まさか退院2週間で仕事復帰できるなんて思いませんでした。5カ月ぶりの仕事復帰、張り切って楽しもうと思います」と報告。昨年12月に都内の病院に入院し、先月30日に退院した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年5月15日のニュース