ミッツ「5時に夢中!」本格復帰 久々スタジオに「変わり映えしない」

[ 2020年5月15日 17:10 ]

ミッツ・マングローブ
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルス感染を自ら疑い、自宅療養していたタレントのミッツ・マングローブ(45)が15日、TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)に生出演した。

 金曜アシスタントを務めるミッツは、8日のリモート出演に続き、スタジオに久々に登場。グレーのミニスカート姿で「ミッツ・マングローブです」と、ポーズをとりながら元気にあいさつした。MCの俳優・原田龍二(49)から「どうですか?スタジオは」と問われると、「久しぶりです。スタジオは。私は元気ですけど…変わり映えしないですね。人が少なくなったから、広々と感じるのかと思ったら、全然感じないですね」と、スタジオの雰囲気に毒づく場面も。原田から「ここ数年で一番、顔色がいい」と褒められると、「ただ大川さんは年々、顔色が悪くなっていく」と、番組プロデューサーの大川貴史氏をいじっていた。

 番組には歌手・中尾ミエ(73)がリモート出演した。通信状況が悪いためか、動画の動きがぎこちない中尾に対し、ミッツは「ちょくちょく動いていただかないと、肖像画か何かを掲げてるのかと思われちゃいます」と突っ込んでいた。

 ミッツは発熱や味覚症状を訴え、4月10日から自宅療養していた。PCR検査を受けておらず、感染したかどうかは不明だが、大事を取り自宅待機していた。5月13日には自身のインスタグラムで、40日ぶりに近所を歩いたことを報告していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年5月15日のニュース