八代英輝氏 不良品マスク検品8億円は「国の責任で回収してほしい」

[ 2020年5月15日 11:42 ]

八代英輝弁護士
Photo By スポニチ

 弁護士の八代英輝氏(55)が15日、TBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)にリモート出演。新型コロナウイルスの感染防止策として政府が妊婦向けに配る布マスクの不良品の検品費用に約8億円かかることを受け、製造メーカー側から過大支出分を「国の責任で回収してほしい」と話した。

 八代氏は「検品費用っていうのは納品を受けた側、今回で言うと国」として、「納品を受けた側がするんですけども、その中に、反枠品とか不良品が多数含まれていた場合には検品費用も含めて損害賠償請求をメーカー側にできる」と指摘。

 「当然、その8億円が余計にかかったっていうのは過大な支出ですから、不良品分を含めて製造メーカーに請求する。なぜなら私たちの税金でまかなわれてるわけですから。『8億円かかっちゃいました』、それで終わりの話じゃなくて、国の責任で回収してほしいです」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年5月15日のニュース