田崎史郎氏、吉村府知事の“覚悟”を評価「自分でリスクを取って決断している」

[ 2020年5月15日 14:34 ]

TBS社屋
Photo By スポニチ

 政治ジャーナリストの田崎史郎氏が15日、TBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。大阪府の吉村洋文知事が新型コロナウイルス特別措置法に基づく休業要請を部分的に解除すると判断したことについて言及した。

 大阪府は14日、特措法に基づく休業要請において、16日午前0時から部分的に解除することを決定。吉村府知事は記者会見で「府民の協力でここまで来られた。感染症を抑えつつ社会経済活動を徐々に戻していく」とし、休業要請を解除して感染者が増加したら「吉村が解除したからという批判は受けようと思っている」などと覚悟を語っていた。

 これを受け、田崎氏は難しい判断だったとし、「吉村さんは自分でリスクを取って決断している」と政治家としてのリーダーシップを評価。新型コロナウイルス感染拡大の影響が続く中でも「都道府県知事の能力というか資質がはっきり見えるようになった。これはプラスだなと思う」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年5月15日のニュース