浅野忠信「テレビで見れたら…」検察庁法改正案に抗議の著名人も国会中継注目#強行採決に反対トレンド1位

[ 2020年5月15日 16:19 ]

浅野忠信
Photo By スポニチ

 衆院内閣委員会は15日午後、検察官の定年延長を含む国家公務員法改正案の質疑を実施した。森雅子法相も出席。「#検察庁法改正案の強行採決に反対します」が国内ツイッターのトレンド1位に入るなど、大きな注目を集めた。

 「#検察庁法改正案に抗議します」とツイートしていた女優の小泉今日子(54)は自身が代表を務める制作会社「明後日」のアカウントで「国会中継見てます。#検察庁法改正案の強行採決に反対します」と投稿。視聴可能なYouTubeチャンネルも紹介した。

 同じく「#検察庁法改正案に抗議します」と表明していた俳優の浅野忠信(46)も「国会中継見てます」「国会中継 テレビで見れたら、もっと見やすいのになあ」、作家の島田雅彦氏(59)は「強行採決はそのまま政権自爆の時限爆弾になる」とツイート。検察庁法改正案に抗議している著名人も国会中継に注目した。

 この日、NHKは国会中継を放送していない。

 衆院内閣委員会は休憩後、国家公務員法改正案を担当している武田良太行政改革担当相の不信任決議案が衆院に提出されて審議が続けられないため、散会した。15日中の改正案採決は見送られ、来週にズレ込む。

 安倍政権に近いとされる黒川弘務東京高検検事長(63)の定年問題を念頭に、ツイッター上で今月9~10日にかけ、検察庁法改正に抗議意思を示す市民や野党議員、著名人のツイートが相次ぎ、400万以上を記録。政府の判断で検察幹部の定年延長を可能にする検察庁法の改正を含む国家公務員法改正案をめぐっては、検察の独立性が安倍政権に歪められかねないと懸念する声が出ている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年5月15日のニュース