新婚ラブラブ!室井佑月「ひるおび!」祝福に照れ笑い、米山氏もラジオでおノロけ

[ 2020年5月15日 05:30 ]

室井佑月と米山隆一氏
Photo By スポニチ

 作家でタレントの室井佑月(50)と前新潟県知事の米山隆一氏(52)の新婚夫婦が14日、それぞれ情報番組に出演し、幸せ生報告を行った。

 室井は木曜レギュラーを務めるTBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)にリモートで生出演。10日の結婚後、番組出演は初めてとなった。

 MCの恵俊彰(55)に「幸せいっぱいの室井佑月さんです」と紹介されると「ありがとうございます」と満面の笑み。続けて「ひと言、言わせて」と、共演する弁護士の八代英輝氏(55)が11日に番組内で「(室井から結婚のことを)聞いていたかも。興味がなくて」と冷たく祝福したことに「八代さんがあんなにスネたコメントを出したのは“八代さんはあたしのこと好きだったんじゃないか”ってみんなにからかわれた」とジョーク。八代氏も「ごめんなさい。ばれちゃいましたね」と返し、笑いに包まれた。

 米山氏は文化放送「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!」(月~金曜後3・30)に、新型コロナウイルスに感染し療養中の石田純一(66)の代役で生出演。斉藤一美アナウンサー(52)に「奥さまのどこが好き?」と聞かれ「まず面白い。そして美人。スタイルもいい。人によりますけど、僕は美人だと思います」とのろけた。室井の第一印象は「テレビで見ていた室井さんと変わらないと思った」と振り返った。手料理はちらし寿司を振る舞われたといい「料理は全般に得意でレパートリーが広い」と絶賛した。

 番組では自身のリクエストでサザンオールスターズの「心を込めて花束を」が流された。両親への感謝と運命の女性との出会いを描いた歌で、10日の母の日に結婚したことについて斉藤アナに「お母さまへの感謝の気持ちが大きいから?」と聞かれると「それも込めて、ということです」と明かし、終始幸せな雰囲気を漂わせた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年5月15日のニュース