假屋崎省吾氏 捨て猫から育てた姉妹猫がそろって20歳に!「まだまだ元気で頑張ってね~っ」長寿に感謝

[ 2020年5月15日 14:50 ]

假屋崎省吾氏
Photo By スポニチ

 華道家の假屋崎省吾氏(61)が15日、自身のブログを更新。愛猫の「プリ」と「リラ」がそろって元気に20歳を迎えたことを報告した。

 「プリ」と「リラ」は20年前にきょうだい5匹で捨てられていた保護猫で、そのうちの2匹を引き取って大事に育ててきた姉妹猫。假屋崎氏は4日のブログではガンで余命3カ月と宣告された愛犬「ハンス」が1年後の現在も「頑張って生き延びました」とうれしそうにつづり、カートに乗ったハンスの写真を掲載して「我が家のハンス、ロイ、ルル、福、そして愛猫のプリとリラ。元気でいつまでも長生きしてね~っ」とつづっていた。

 この日は「我が家の愛猫プリとリラがもう二十歳になりました~っ」と報告。「もうヨボヨボなんだけど、まだまだ元気で頑張ってね~っ」とそろって長寿猫となった姉妹猫の写真をアップし「コロナでステイホーム。ペットたちとの触れ合いが増えて、かけがえのない、子供たちとの暮らしがいかに素晴らしいか、この子たちからいっぱい学ぶ毎日で~す」とかけがえのない“家族”への愛情をにじませていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年5月15日のニュース