「ナイナイのANN」復活 岡村、矢部に電話で懇願「一緒にやってくれ」

[ 2020年5月15日 06:15 ]

「ナインティナイン」の矢部浩之と岡村隆史
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(49)が15日未明のニッポン放送「オールナイトニッポン」に出演。先月24日未明の放送で「コロナが終息したら美人さんがお嬢(風俗嬢)やる」と発言したことで女性蔑視との批判を集めた騒動後、2週続けて出演していた相方の矢部浩之(48)がこの日も出演し「2人で再スタートします」と同番組にレギュラー復帰することを発表。今後は2人体制で再出発することとなった。

 同番組は、1994年4月に「ナインティナインのオールナイトニッポン」としてスタート。14年9月に矢部が卒業し、以降は岡村が1人でパーソナリティーを務めてきた。

 2人体制に至った経緯について岡村は「騒動後、このラジオをどうやっていくのか、どう向き合っていくのかを凄い考えていた」とスタッフ総出で今後の方向性を考えていたといい、その結果「矢部浩之しかいない!」という結論になったと明かした。

 その後、岡村は矢部に直接電話をかけ「一緒にやってくれ」とレギュラー出演を頼み込んだという。矢部は当時の心境を「生放送で突撃して公開説教や~ってした時点で、もう戻られへんなと思った。シビアな話だけど、番組が終わりか、毎週俺が来てぬる~っとやっていくかしかないと思った」と覚悟を決めていたと振り返った。

 この岡村の申し出を快諾し、再タッグが実現。「改めて、2人で、再スタートさせていただくことになりました!そのスタートの日なんですが5月14日、つまりは今日ということでございます。本当にありがとうございます」と岡村は周囲の支えに感謝した。

 腹をくくった矢部は「ホンマに緊急事態だったから。岡村隆史のオールナイトニッポンが終わるか、ナインティナインのオールナイトニッポンをやるか。俺は2択しかないと思ったからね」と頼もしく言い切った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年5月15日のニュース