八代英輝氏 39県で緊急事態宣言を解除したタイミングに疑問「週末に向けて人が動いてしまう」

[ 2020年5月15日 13:39 ]

八代英輝弁護士
Photo By スポニチ

 弁護士の八代英輝氏(55)が15日、TBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)にリモート出演。政府が14日に新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言を39県で解除したに対し、タイミングについて言及した。

 八代氏は、今回の政府の判断を「木曜(14日)の夜に発表して、金曜日(15日)から解除っていうパターン」とし、「週末に向けて人が動いてしまうのが一番危惧される」と、解除のタイミングを指摘。週末前に外出する人が急増することを少しでも抑えるために「次の週の月曜日(18日)からっていうふうにした方が良かったんじゃないかって思える」と私見を語った。

 これを受け、政治ジャーナリストの田崎史郎氏は「早め、早めに手を打っておこうっていうこと」と見解。「そういうふう(発表を週末前)にしないと来週以降どうするかっていう問題がある」と各自治体などで対応に追われるとため、週末に発表した場合は「準備ができない」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年5月15日のニュース