×

楽天・マー君が粘りの投球も遠い5勝目 終盤にリリーフ崩れチーム逆転負け

[ 2022年7月2日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天4―6ロッテ ( 2022年7月1日    ZOZOマリン )

<ロ・楽>5回、高部の打球にグラブを出して止めた田中将 (撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 5勝目が遠い。佐々木朗と昨年9月10日以来2度目の投げ合いに挑んだ楽天の田中将は「特別悪くもなく良くもなく、何とか我慢しながら投げられた」と振り返るように、5回0/3を4安打2失点。5回に高部の打球が右上腕部に当たるアクシデントもあったが、6回も続投した。

 先頭・中村奨に四球を与えたところで交代を告げた石井監督は「いっぱいいっぱいのところもあった。パフォーマンス的に代えようと決断した」と説明。勝ち投手の権利を手にして降板したが、終盤にリリーフ陣が崩れて逆転負け。チームは2連敗で、田中将の7試合ぶりの白星も逃げていった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年7月2日のニュース