×

日本ハム 初回に由伸から先制!近藤、野村連打から打率首位の松本三ゴロ“快足勝ち”リプレー検証も

[ 2022年7月2日 14:40 ]

パ・リーグ   日本ハム―オリックス ( 2022年7月2日    札幌D )

日本ハム・松本剛
Photo By スポニチ

 日本ハムの松本剛外野手(28)が2日、オリックス戦(札幌D)に「4番・右翼」で先発出場。初回にオリックスの絶対エース山本由伸から“快足”で先制点を奪った。

 伊藤大海と山本のエースの投げ合い。伊藤が初回を無失点に抑えたその裏。先頭の石井は見逃し三振に倒れたが、2番・近藤が153キロの内角低めストレートを中前にうまくはじき返し出塁。続く野村は151キロのストレートをセンター方向に運び、一走・近藤は一気に三塁へ。1死一、三塁から打席に立ったのは、現在パ・リーグ打率首位で得点圏打率も1位の4番・松本。由伸の2球目フォークをひっかけ三ゴロに。三塁手・宗の二塁への送球が少しそれた。
 
 それでもタイミング的には併殺かと思われたが、松本が快足を飛ばし伸ばした左足が一塁ベースにほんの一瞬、送球よりも早く届いた。判定はセーフ。オリックスベンチがリクエストしリプレー検証が行われたが、判定は覆らず。初回に由伸から大きな1点を奪った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年7月2日のニュース