×

阪神 梅野の今季初盗塁から4点先取! 満塁で大山が走者一掃の適時三塁打

[ 2022年7月2日 14:58 ]

セ・リーグ   阪神―中日 ( 2022年7月2日    バンテリンD )

阪神・大山
Photo By スポニチ

 阪神は3回2死三塁から島田の右前適時打で先制に成功すると、なおも2死満塁として大山が走者一掃の適時三塁打を放ち、一挙4点を先取した。

 先頭の梅野が四球で出塁すると、投手・伊藤将が内角球にのけぞりながらも差し出したバットに当て、一塁線に転がす犠打で1死二塁に。続く中野への2球目に梅野がスタートし、今季初盗塁となる三盗に成功した。2死後に島田の一打で梅野が生還。さらに近本が28試合連続安打となる左前打、佐藤輝の死球で満塁となり、大山が松葉の初球を中堅へはじき飛ばし、大島が後逸する間に一気に走者3人が生還した。ここ4試合で1安打と小休止状態だった背番号3の一打で、試合の主導権を握った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年7月2日のニュース