×

長田が創部100年目の節目をコールド発進 エース・松田宰が7回4安打無失点10奪三振の快投

[ 2022年7月2日 18:30 ]

第104回全国高校野球選手権兵庫大会 1回戦   長田8―0神戸北 ( 2022年7月2日    高砂 )

<神戸北・長田>3回に本塁打を放った長田・金沢
Photo By スポニチ

 県下屈指の進学校・長田が創部100年目の節目をコールド勝利で発進。エース・松田宰(3年)が7回4安打無失点10奪三振の快投でチームを勝利に導いた。

 「真っ直ぐが走っていた。高めには浮いていたんですけど、要所でゾーンに投げられたのでよかった」

 唯一背負ったピンチは4回。1死から3連打を浴びて満塁としてたが、「狙って取りに行った三振だった」と5番・中村琉から見逃し三振に仕留めると、次打者を二飛で切り抜けた。

 打線も序盤から効率よく得点を重ね、3回は1死無走者から3番・金沢太我(3年)が右翼スタンドへ本塁打。チーム10安打8得点と躍動した。

 永井伸哉監督は「このチームになってから初めて校歌を歌わせてもらった。夏に向けて(選手たちは)調子を上げてくれていたので、上昇している力を出してくれたかなと。やらなあかんところであまり勝てなかったので、いいきっかけにしたい」と10日に予定されている姫路南との次戦を見据えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年7月2日のニュース