阪神 西勇-梅野のバッテリーごと交代 3点優勢の3回に2死走者なしから逆転食らう…

[ 2021年9月24日 19:18 ]

セ・リーグ   阪神―巨人 ( 2021年9月24日    東京D )

<巨・神(20)>3回2死一、二塁、岡本(左)に同点となる中越え3ランホームランを打たれる西勇(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 阪神が試合の序盤から先発バッテリーをベンチへ下げた。

 先発・西勇は2回まで無失点も3点優勢の3回に2死走者なしからピンチを背負い岡本に3ラン、丸に2ランとまさかの2被弾。瞬く間に逆転を許した。

 捕手の梅野は、4回までの2打席で無安打。4回裏の守備から2番手・馬場、捕手は坂本がマスクをかぶった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月24日のニュース