日本ハム・浅間、2打席連続バット折りタイムリー 「ヒットゾーンに落ちてくれて良かった」

[ 2021年9月24日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム4―2オリックス ( 2021年9月23日    京セラD )

<オ・日>3回2死一、二塁、浅間は右前適時打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 日本ハム・浅間が適時打2本と気を吐いた。初回、近藤の先制打に続いて2死一、三塁から中前へ。3回は2死一、二塁から右前に運んだ。

 「2打席連続でバットが折れてしまいましたが、ヒットゾーンに落ちてくれて良かった」。長打2本を放った前日22日の打順1番から、この日は6番に。思い切りの良さを買う栗山監督からは「打順に関してはあまり気にしないように」と言葉を掛けられて試合に臨んだ。

 初回は「6番だったので得点圏をイメージして試合に入った」といい、持ち味の初球攻撃で期待に応えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月24日のニュース