駒大1年生右腕エーアン 「ツーシームが生きた」3回1失点 好リリーフ「うれしい」リーグ戦初勝利

[ 2021年9月24日 05:30 ]

東都大学野球   駒大6-5亜大 ( 2021年9月23日    神宮 )

<亜大・駒大>リーグ戦初勝利を挙げ、雄叫びを上げる駒大・エーアン(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 駒大1年生右腕のエーアンが、リーグ戦初勝利を挙げた。4―4の7回から登板し、3イニングを2安打1失点。「うれしいです。今日はツーシームが生きた」と笑顔で振り返った。

 8回1死三塁から勝ち越しの中犠飛を放った4番・鵜飼は「エーアンが頑張っていたし、2、3番がチャンスで回してくれたので還すしかないと思った」と話した。

 ▼亜大・生田勉監督(4戦目で初黒星)3試合が1点差で選手は頑張っている。次の日大戦に向けて調整したい。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月24日のニュース