大谷翔平 次回登板は27日マリナーズ戦 ベーブ・ルース以来の「2桁勝利&2桁本塁打」挑む

[ 2021年9月24日 02:30 ]

<エンゼルス・アストロス>キャッチボールで状態を確認する大谷(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 エンゼルス・大谷の次回登板が26日(日本時間27日午前5時5分開始)の今季本拠地最終戦となるマリナーズ戦に決定した。22日(同23日)、エンゼルスが発表した。

 19日のアスレチックス戦は8回5安打2失点、自己最多タイの10奪三振と好投しながら白星ならず。あと1勝に迫るメジャー自己最多の2桁10勝、そして、ベーブ・ルースが記録した1918年以来103年ぶりの「2桁勝利&2桁本塁打」達成に注目が集まる。

 日程上は26日から再び中6日で10月3日(同4日)の今季最終戦となる敵地マリナーズ戦にも登板可能。ジョー・マドン監督は、「日曜日(26日=同27日)に投げてから、それがどういうものになるか見てから最終判断する」と話すにとどめた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月24日のニュース