巨人 前日、自打球で途中交代した中田翔も元気にスタメン 阪神戦はメルセデス―大城のバッテリー

[ 2021年9月24日 17:37 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2021年9月24日    東京D )

23日の広島戦の2回2死一塁、先制の左越え2ランを放つ中田 (撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 3位・巨人は優勝戦線生き残りを懸け、午後5時45分から2位・阪神との直接対決3連戦の初戦(東京D)に臨む。

 試合に先立って先発メンバーが発表され、前日23日の広島戦(マツダ)で2回に先制の2号2ランを放ち、6回の第3打席で自打球を左足に受けた後でその裏の守備からベンチに退いた中田翔内野手(32)も前日と同じ「7番・一塁」でスタメンに名前を連ねた。

 23日の広島戦は相手先発投手が左腕・玉村だったが、この日の阪神先発投手は右腕・西勇。そのため、広島戦で「5番・左翼」に入って6回に貴重な追加点となる13号ソロを放った右打者のウィーラーはベンチスタート。代わって「5番・左翼」には左打者の亀井が入った。

 また、巨人先発は左腕・メルセデス。これまで大城とバッテリーを組み、前回登板した18日のヤクルト戦(東京D)では初めて小林とバッテリーを組んだが、23日の広島戦でスタメンマスクをかぶった小林もベンチスタートで、メルセデス―大城の先発バッテリーとなった。

 巨人のスタメンは以下の通り。

 1番・二塁 吉川
 2番・右翼 松原
 3番・遊撃 坂本
 4番・三塁 岡本和
 5番・左翼 亀井
 6番・中堅 丸
 7番・一塁 中田
 8番・捕手 大城
 9番・投手 メルセデス

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年9月24日のニュース