阪神・スアレス 今季初のセーブ機会失敗もサヨナラ負けは回避 矢野監督の信頼は揺るがず

[ 2021年9月24日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神3ー3中日 ( 2021年9月23日    バンテリンD )

<中・神(20)>9回1死一、三塁、中日の代打・福留の左越え適時二塁打で、打球がフェンスの隙間に挟まる(左翼手・植田)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 誰もが今季初めて目にする“9回の悪夢”だった。2点リードで登板した阪神の守護神のスアレスが中日打線の猛攻にあい、まさかの2失点。サヨナラ負けこそ免れたものの、今季初めてのセーブ機会失敗で白星は幻となった。

 背番号75の登板時には、ほとんど耳にすることのなかった快音。それが敵地に響き続けた。先頭の京田に右翼線を破られる二塁打で出塁を許すと、堂上にも151キロのツーシームを右前に運ばれ一、三塁。さらに大島の放ったライナーが一塁手・大山のグラブをはじいて右前に転がり、3連打で1点を返された。ビシエドの遊ゴロで1死を奪ったものの一、三塁で対峙(たいじ)したのは、満を持して登場してきた代打・福留。すべて150キロ後半を記録した直球とツーシームで力勝負を挑むも、フルカウント。6球目のチェンジアップを仕留められ、左翼越えの同点適時二塁打を浴びた。

 ただ、この打球がフェンスに挟まりエンタイトル二塁打となったことで決勝点となる一塁走者は三塁止まり。高橋周を申告敬遠で満塁とし、最後は木下拓を三ゴロ併殺に仕留めて試合終了。最悪の幕切れだけは阻止した。

 リーグ断トツの33セーブを挙げる右腕が34度目にして初めて今季セーブ機会に失敗。1試合4被安打は移籍後ワーストで、長打2本を許すのは昨年8月以来だ。それでも乱調という“珍事”が、逆にこれまでの圧倒的なパフォーマンスを際立たせる。矢野監督も当然ながら守護神を責めることはしなかった。

 「何とか踏みとどまってくれたんで、これも大きい。負けと引き分けじゃ全然違う。スアちゃんがいなければこの位置にいない。粘ってくれたのは明日につなげる要素。何も心配していない」

 引きずってはいられない。指揮官も、スアレスも前を向き、次の1勝を取りにいく。(遠藤 礼)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月24日のニュース