阪神2軍 3年ぶりのウエスタン・リーグ優勝!

[ 2021年9月24日 15:33 ]

ウエスタン・リーグ   阪神5―3オリックス ( 2021年9月24日    甲子園 )

<ウエスタン 神・オ>ウエスタンリーグ優勝を決め、平田2軍監督を先頭に歓喜の阪神ナイン(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 阪神2軍が24日、ウエスタン・リーグのオリックス戦に5―3で勝利し、2018年以来、3年ぶりのウエスタン・リーグ優勝を果たした。

 3点を先制された直後の2回。無死満塁から江越が右翼へ2点適時打を放って1点差に詰め寄ると、続く山本が無死二、三塁から同点の中前適時打。なおも無死一、三塁からスパークマンの暴投で4点目を追加し、逆転に成功した。

 さらに4回には江越、山本、板山の3連打で5点目を追加し、序盤にリードを奪った。

 投げてはベテラン右腕の中田が4回途中4安打3失点。以降は岩田稔、守屋、小野、斎藤、伊藤和、湯浅が無失点でつないだ。

 阪神は10月9日のファーム日本選手権(サンマリンスタジアム宮崎)でイースタン・リーグ優勝のロッテと戦う。 

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月24日のニュース