×

大谷ベルトねじれたまま…「鈍感力」が環境順応を後押し

[ 2021年9月5日 02:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス3ー2レンジャーズ ( 2021年9月3日    アナハイム )

<エンゼルス・レンジャーズ>3回無死一塁、ベルトがよじれたまま打席に入る大谷(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 イニング間にユニホームの裾を入れ直した時だろうか。3回の打席から4回の投球にかけて、エンゼルス・大谷の右腰前のベルトが一回りねじれていた。同点の4回、100マイル超えを連発した時も。過去にも走塁用手袋をしまう右ポケットの裏地が出たままプレーする姿を何度か目撃している。

 8月28日の試合では右手首付近を負傷したが「押したら痛いけど普通にしている分には何もない」という。この日も投手強襲の当たりを右手と右肩に受けながら7回を投げた。

 共通するのは「鈍感力」。硬いマウンド、滑りやすいボールをはじめ、慣れない環境に順応できるのも納得がいく。かつて「自分自身、繊細なタイプではない」と笑っていたのを思い出した。(MLB担当・柳原 直之)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月5日のニュース