×

オリックス 「天敵」和田退治へ、若月が4号ラン「何とか先制できて良かった」 吉田正抹消の危機に一撃!

[ 2021年9月5日 13:46 ]

パ・リーグ   ソフトバンクーオリックス ( 2021年9月5日    ペイペイD )

<ソ・オ(20)>2回2死一塁、右中間に2ランを放つオリックス・若月(撮影・岡田 丈靖) 
Photo By スポニチ

 オリックス・若月健矢捕手(25)が「7番・捕手」で先発出場。2回に先制となる4号2ランを放った。

 「打ったのはシュートだと思います。なんとか先制できてよかったです」。0―0の2回2死一塁。3ボール1ストライクからの5球目、和田の外角高め140キロを強振し、右中間席へ放り込んだ。

 チーム今季5度目の対戦となった和田は天敵。前回8月29日の対戦では、和田の先発試合としては5年ぶりに勝利したものの、左腕は勝敗つかず。試合前には吉田正が「左太腿裏の筋損傷」で出場選手登録を抹消されただけに、16年から6連勝を献上する難敵から貴重な先制アーチを描いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月5日のニュース