×

巨人 阪神戦“楽勝ムード”が一転…守備の乱れから6―6の同点 メルセデス8勝目はお預けに

[ 2021年9月5日 21:15 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2021年9月5日    甲子園 )

<神・巨>6回無死一塁、1点を失い降板する鍵谷(右二人目)(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 巨人のメルセデス投手(27)は5日の阪神戦(甲子園)に今季初めて中4日で先発。5回5安打無失点の好投で6―0とリードし、勝利投手の権利を手にしたまま降板。しかし6回、リリーフ陣が崩れ4点を返されると、7回にも2失点しついに同点。メルセデスの8勝目はお預けとなった。

 試合は中島の5号2ラン、岡本和の35号3ランが飛び出すなど5回まで6―0とリード。しかし6回、好投していたメルセデスが69球で降板、遊撃手の坂本もベンチへと下がると“楽勝ムード”が一転。

 無死三塁からサンズのゴロを、坂本に代わり遊撃手に入った若林がファンブル。2番手の鍵谷は味方の失策により1点を失うと、続くマルテに四球を与えたところで降板。無死一、二塁から登板した3番手の大江は糸原を遊ゴロに打ち取るも、大山に四球を与え1死満塁のピンチ。ここで代打・原口に右前適時打を浴び降板。

 なおも1死満塁からの登板となった4番手の畠は梅野の一ゴロの間に1点を返され、続くロハス・ジュニアに中前適時打を浴び、この回計4失点。その後2死満塁となるも中野を遊ゴロに抑え、何とか6―4と2点リードで6回を終えた。

 7回は5番手のデラロサが登板。無死一塁からマルテのゴロを今度は代わったばかりの遊撃手・広岡が二塁へ悪送球。無死一、三塁となって糸原の二ゴロの間に1点を返されると、2死一塁から代打・糸井に左中間を破る適時二塁打を浴び同点に追いつかれた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月5日のニュース