×

阪神・大山が大事にする言葉 「比べるのは昨日の自分」 劇弾で「昨日の自分」超え体現

[ 2021年9月5日 07:00 ]

セ・リーグ   阪神4-3巨人 ( 2021年9月4日    甲子園 )

<神・巨(17)> 9回無死一塁、阪神・大山は逆転サヨナラ2ランを放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】阪神・大山には日頃から大事にしている言葉がある。「比べるのは昨日の自分」――。成長していくために、常に心に留めているものだ。

 今月1日の中日戦では同点の6回2死一、三塁で3ボールから真っすぐにバットを折られながらも決勝の適時打。3日の巨人戦では1、2打席目で打ち損じていた戸郷の初球フォークを仕留めて同点の2点二塁打。そして、この日は日本で最も速い球を投げる男から逆転サヨナラ2ランを放った。

 3試合連続でお立ち台にも立ち「昨日の自分」を超える働きを体現した。(阪神担当・長谷川凡記)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月5日のニュース