×

巨人・岡本和 阪神との首位攻防2戦連発!自己最多更新35号3ランで待望の追加点

[ 2021年9月5日 19:55 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2021年9月5日    甲子園 )

<神・巨>5回1死一、二塁、岡本和は左越えに35号3ランを放つ(投手・藤浪)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 巨人の主砲・岡本和真内野手(25)が阪神との首位攻防第3ラウンドで2試合連続となる今季35号3ラン。本塁打ランキング2位の村上宗隆(21=ヤクルト)に4本差をつける豪快な一打で自己最多記録をさらに更新した。

 岡本和はこの日も「4番・三塁」で先発出場。3―0とリードした5回の第3打席、2番手・藤浪の投じた3球目、真ん中低めのカットボールをうまくすくい上げ、高々と上がった打球はそのまま左翼スタンドイン。先制するもなかなか追加点のなかった場面で大きな一発。6―0と大きくリードを広げることに成功した。

 ▼巨人・岡本 打ったのはスライダーです。前の打席チャンスで三振だったので、何とかしたかった。いい追加点になったと思いますし、いい感覚で打てましたね。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月5日のニュース