×

コロナ集団感染の立命大 主力抜きで奮闘も2安打零敗 後藤監督も苦悩明かす

[ 2021年9月5日 05:30 ]

関西学生野球 第1節第1日   立命大0-5関大 ( 2021年9月4日    わかさスタジアム京都 )

 立命大は、先月30日までに寮に住む部員36人中22人が新型コロナウイルスに感染し、この日は自宅生と下宿生のみで試合に臨んだ。

 主力野手は藤原彦貴のみでベンチ入りした25人中、Aチームのメンバーは3人だけで2安打零敗を喫した。

 後藤昇監督は「棄権で2敗になるより寮生が刺激を受ける負け方にしてほしいと思っていたが…」と苦悩を明かした。感染者はいずれも軽症で12日から練習を再開できる見通しだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月5日のニュース