大阪桐蔭 根尾、藤原がいた18年以来の1試合3発 花田&藤原&前田で3回までに4得点 

[ 2021年8月18日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権第5日   大阪桐蔭7ー4東海大菅生(8回表1死降雨コールド) ( 2021年8月17日    甲子園 )

<大阪桐蔭・東海大菅生>初回2死二塁、大阪桐蔭・花田は中越えに先制2ランを放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 まだ雨が小降りだった空に、3発の花火が咲いた。大阪桐蔭が3回までに一発攻勢で4点を奪取。試合を優位に進めた。

 先陣を切ったのは「4番・右翼」の花田旭だ。初回2死二塁から内角よりのスライダーをバックスクリーンへ運んだ。「初回に松浦がピンチで踏ん張ってくれた。先制点を取るという気持ちが結果につながった」。3回先頭では「2番・遊撃」の藤原夏暉が左翼ポール際へ一撃。2死から「5番・一塁」の前田健伸がバックスクリーン右へ見舞った。夏の甲子園大会での1試合3発は18年の浦和学院との準々決勝での4発(根尾、藤原2、石川)以来。優勝年で験もいい。

 結果的に降雨コールドとなった歴史的一戦を制したのも、序盤にリードしたからこそ。智弁学園との選抜1回戦で初回に4点を奪われ、追いつけないまま敗れた教訓が生かされた。西谷監督は「データ班とコーチ陣がしっかりとデータをそろえてくれた。効果的な一発だった」とチーム一丸での1勝を強調した。

 ▼大阪桐蔭・前田健伸(3回2死からソロ本塁打)選抜ではああいう結果になって、どんな形でも1本打とうと思っていた。いい形でホームランになってくれてうれしい。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月18日のニュース