オリックス・T―岡田 後半戦初打点の先制打「何とかつないでいこうと思っていた」

[ 2021年8月18日 19:27 ]

パ・リーグ   オリックス―日本ハム ( 2021年8月18日    ほっと神戸 )

<オ・日(14)>1回1死満塁、T-岡田は右前2点適時打(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 オリックス・T―岡田外野手(33)が後半戦初打点となる先制打を放った。

 初回2死満塁、日本ハム先発・河野の外角カットボールを捉え、右前に運ぶ2点打を放った。後半戦はこの試合まで3試合で10打数1安打だったが、復調を示す貴重な一打。「みんなでつないできたチャンスの場面でしたし、自分も何とかつないでいこうと思っていたので、いい結果になってくれてよかったです」とコメントした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年8月18日のニュース