×

【市川いずみの届け夏エール】東海大菅生・栄主将が大手術を乗り越え聖地で全力プレー

[ 2021年8月18日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権第5日   大阪桐蔭7ー4東海大菅生(8回表1死降雨コールド) ( 2021年8月17日    甲子園 )

20年9月3日、右肘手術のために全身麻酔を受けた栄(家族提供)
Photo By スポニチ

 東海大菅生の栄塁唯君は「最後まで強くありたかった」と主将の背中を見せ続けました。

 昨夏の試合中に右肘を疲労骨折。練習ができない中で秋に主将に指名されました。「1日でも休んだらレギュラーをとられる」。当初は手術を拒み、「選抜と夏の甲子園でプレーしよう」という若林弘泰監督の言葉でメスを入れることに決めました。全身麻酔で約3時間の大手術。麻酔が切れると激しい痛みに襲われましたが、愛知県から駆け付けた母・麻美さんの前では「帰っていいよ」と平気なふりをしました。

 大阪桐蔭戦は7回の代走から途中出場。泥を跳ねさせながら本塁を踏むと、8回には左前打で反撃の好機をつくりました。無情にもここで降雨コールド。大阪桐蔭の池田陵真主将には「優勝目指して頑張って」とエールを送りました。当初の決勝戦は25日、麻美さんの誕生日でした。「日本一の母ちゃんにするから」という約束は果たせませんでしたが、「優しく強い子に育ってくれた。いろいろ乗り越えて最後にヒットも見せてくれた」とスタンドから息子の成長を感じていました。「ケガで不安しかなかったけど、みんなに助けてもらった1年でした」。感謝の言葉で締めくくった栄君の目に涙はありませんでした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月18日のニュース