×

阪神・岩崎侍 “本職”8回できっちり仕事 ランナー許すも1回無失点

[ 2021年8月18日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神6ー2DeNA ( 2021年8月17日    東京D )

<D・神16>阪神・3番手の岩崎(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 阪神・岩崎が“本職”で、きっちりと仕事を果たした。15日広島戦ではスアレスの代役守護神として今季初セーブを挙げたが、この日は6―2の8回に登板。1死から細川、牧の連打で一、二塁とされるも、桑原、森を連続空振り三振で切り抜けた。ホールドの付かない場面だったからか、走者を出したからか、お決まりの「0点で抑えられて良かったです」のコメントは残さなかったが、結果はしっかり残した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月18日のニュース