西武 勝てば3位浮上も大敗…1軍初昇格のドラ3・松岡ホロ苦デビュー

[ 2020年10月12日 05:30 ]

パ・リーグ   西武2―8楽天 ( 2020年10月11日    楽天生命 )

<楽・西>5回から登板する松岡(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武は勝てば3位に浮上する一戦に大敗。連勝が3で止まり、辻監督は「(滝中は)カーブが非常に有効的で苦しめられた。コントロールがよかった」と脱帽した。

 この日、1軍に初昇格したドラフト3位の松岡が0―5の5回からプロ初登板。流れを変えられず、1回3安打2失点のホロ苦デビューに「勢いだけでは通用しないなと感じました。変化球でもカウントを取れるようにならないと」と課題を口にした。

 ▼西武・松本(4回7安打5失点で5敗目)追い込んでから決め球を投げ切られなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月12日のニュース