巨人、中日戦今季ラスト 原監督らファンにあいさつ 接戦多く「やっと勝ち越せた」

[ 2020年10月12日 21:52 ]

セ・リーグ   巨人2―3中日 ( 2020年10月12日    ナゴヤD )

<中・巨>スタンドのファンに手を振る原監督(右)ら巨人ナイン(球団提供)
Photo By 提供写真

 巨人は今季の中日との全対戦を終え、原辰徳監督(62)ら首脳陣や選手が整列して左翼や三塁側スタンドに詰めかけたファンへあいさつした。

 原監督は「非常に熱心に応援してくれるファンの方が多いので、そこはありがとうございました」と感謝。12勝10敗2分けと勝ち越し、引き分け以外に2点差以内で終わった試合は8回あった。指揮官は「接戦が多いという印象と、やっと勝ち越せたというところでしょうね」と総括した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月12日のニュース