阪神・高橋 13日中日戦へ意気込み 前回は中5日でプロ初完投も「特に意識することなく」

[ 2020年10月12日 13:43 ]

<阪神練習>キャッチボールを行う高橋(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 あす13日の中日戦での先発が確実視される阪神・高橋遥人投手(24)は12日、甲子園で行われた投手指名練習に参加。「いつも先頭バッターを出さないように。ランナーを出しても粘っていけるような投球をしたい」と意気込んだ。

 中5日で臨んだ前回5日の巨人戦では自己最多の14奪三振でプロ初完投を果たすなど見事な投球。それでも「特に意識することなく、次の登板でも自分らしいボールを投げられるように調整してきました」と慢心はない。

 中日に対しては今季2戦2勝、防御率1・29と好相性。頼もしさを増す左腕が今季5勝目を狙う。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月12日のニュース