ヤクルト・小川 6日先発回避、復帰戦も5回途中6失点KO…今季ワースト借金19に

[ 2020年10月12日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト4―7広島 ( 2020年10月11日    甲子園 )

<広・ヤ>5回途中に降板し10勝目はならなかった小川(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 6日の予告先発を発熱で回避し、中11日で先発となったヤクルトの小川が5回途中6失点で降板。5位・広島との3連戦に負け越し、今季ワーストを更新する借金19となった。

 今季5敗目に小川は「5回の流れを止められず、粘りの投球ができなくて申し訳ない気持ち」と反省。高津監督は4回に田中広に三塁打された1球を振り返って「追い込んでから、大きな意味がある1球。高い確率で先制点を取られる状況をつくってしまった」と指摘した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月12日のニュース